専門スクールに通うことで就職に有利な資格が取得出来る

学校を利用

介護職員初任者研修の資格は、専門学校を利用することで資格取得が可能となっています。また、利用する学校や働く場所によっては受講料を安く抑えることも出来るため魅力的といえるでしょう。

詳細を見る

スクールに通う

専門スクールをもとに介護職員初任者研修の費用を比較してみました。

 介護職員初任者研修の資格を取るために、専門スクールに通う人も多いでしょう。しかし、スクールによってその値段はさまざまなのです。  まず、有名なスクールといえばニチイがあげられます。しかし、その分値段も高いです。14万越えの値段です。一方、安い代表的なスクールとして未来ケアカレッジ関西が挙げられます。こちらはキャンペーン中ですと5〜6万円です。つまり、高いスクールと安いスクールでは2倍以上の開きがあるのです。  安いからといってサービスがよくない訳ではございません。実は私は未来ケアカレッジで介護の資格をとったのですが、少人数制でしっかり実習もしてもらいましたし、講座振替だけでなく、実習の日程調整をするなどバックアップもしっかりしていました。しかし、スタッフや事務員の数が少ない中運営がなされていました。  つまり、安いスクールはサービス云々というより、人件費等の工夫を行う中、運営されていることが言えるでしょう。

少し前はホームヘルパーという専門職でした。

 介護職員初任者研修は2013年にホームヘルパーという資格に代わって新たに出来た資格なのです。ホームヘルパーは筆記試験がなく、必要過程(講座、演習、実習)さえこなせば取れる資格だったのです。そのため、素人でも簡単に取れる資格となっていました。しかし、国はより介護福祉士に近い専門性を持った専門職がほしいと考え、2013年にホームヘルパーという資格を廃止し、介護職員初任者研修という資格を作ったのです。そのため、介護職員初任者研修はヘルパーより必要過程や講義・演習時間も多く、試験も伴う資格となっています。しかし、平成25年度までにホームヘルパーを取得した人はその資格が無効になるわけではなく、ホームヘルパーはホームヘルパーの資格として活用できます。  もともとこの専門職は1956年の長野県で発祥したと言われ(当時は家庭養護婦と呼ばれていました)、その後地域の中で発展を遂げ、2000年には介護保険制度の参入もできるようになりました。そして今や介護職員初任者研修という名の専門職として成り立っています。

便利な機能

車椅子で生活をする人は何かと不自由な面は多いものです。車に乗るのも一苦労ですが、昇降機が付いている車は誰かに持ち上げてもらうこともなく簡単に乗り降りが可能となっているため便利といえます。

詳細を見る

オススメリンク

NEW TOPICS

リフォームする

介護リフォームは、高齢者や足腰が不自由な人が快適に生活することが出来るようにリフォームするものです。また、介護リフォームは怪我防止以外にも足腰などを鍛えるためのものにもなっています。

詳細を見る

快適な暮らし

年齢を重ねると、足腰が弱くなって歩くのも一苦労なものです。また、少しの段差でも躓いて怪我をする恐れもあるため住居をバリアフリーにリフォームする家庭は多く見受けられます。

詳細を見る

老人ホームの利用

有料老人ホームでは、利用する場所によって費用が変わってくるため予め注意しましょう。また、送迎が付いている場所では家族が送り迎えをする必要もなく安心して迎えることが出来るといえます。

詳細を見る

↑ PAGE TOP